1. HOME
  2. イベント一覧
  3. <せたがや音楽プロジェクトプレゼンツ>~音楽は自由をめざす Vol.7~トーク&ライブ 自主規制を強いられた歌を聴く

イベント詳細

<せたがや音楽プロジェクトプレゼンツ><br />~音楽は自由をめざす Vol.7~<br />トーク&ライブ 自主規制を強いられた歌を聴く

<せたがや音楽プロジェクトプレゼンツ>
~音楽は自由をめざす Vol.7~
トーク&ライブ 自主規制を強いられた歌を聴く
【未就学児入場可】(ひざ上のみ無料) 新型コロナウイルスの影響により「中止」とさせていただきます


2021年2月7日(日)15:00 開演
烏山区民会館 アクセスマップ
Google マップへのリンク

住所:〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-2-19
※電車・バスをご利用ください

[交通]
電車:京王線「千歳烏山」駅北口徒歩1分
バス:千歳烏山駅停留所(千歳船橋駅~千歳烏山駅、成城学園前駅西口~千歳烏山駅北口・南口、吉祥寺駅~千歳烏山駅、荻窪駅南口~北野)

本公演は、新型コロナウイルス感染症拡大のため、出演者のやむを得ない事情により中止となりました。

チケット払い戻し方法につきましては、後日、本ページにて発表いたします

かつて自主規制を強いられた歌や、放送を禁じられた歌があった。なかなか先が見えない不安が続く今、この息苦しさから私たちはどうすれば明日への希望を見いだせるのか。

チラシ詳細はこちらから(PDFファイル)

出演者

Gentle On My Mind(梅垣達志、神谷信行、奏子)
   >プロフィール

岩坂遼
   >プロフィール

佐藤剛(司会進行)
   >プロフィール


曲目

ヨイトマケの唄
竹田の子守唄
イムジン河 他 出演者オリジナル曲等


入場料

一般 2,000円

せたがやアーツカード・世田谷パブリックシアター友の会 1,800円(前売のみ)

※全席指定・消費税込
※未就学児入場可(ひざ上のみ無料)
※車椅子スペースあり(定員あり・要予約)
料金:10%割引・付添者は1名まで無料
申込:公演日前日の19:00までに世田谷パブリックシアターチケットセンター(03-5432-1515)へ

※チケット発売受付は、「電話」または「オンライン」のみです。チケットセンター窓口での発売・発券はございません。
※お支払いは、「セブン-イレブン店頭」または「オンラインクレジットカード決済」となります。
※チケット発券は、「セブン-イレブン発券(手数料1枚につき110円)」のみとなります。

※「せたおんの新型コロナウイルス感染症拡大防止対策とお客様へのお願い」をご了承の上、ご来場ください。

座席配置図

座席配置図はこちらから(PDFファイル)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、2021年1月14日より、最前列は“B列”に変更となりました。

発売開始日

2020年12月1日(火)


プロフィール

Gentle On My Mind(梅垣達志、神谷信行、奏子)

- いつも心にあの忘れえぬ優しさを -
作曲家・編曲家の梅垣達志が率いる3 人編成バンド。
梅垣達志(G.Vo.)は1977 年にソロ・アルバム『CATALOG』をリリース。ミュージシャンに水谷公生、芳野藤丸、後藤次利ら、作詞に松任谷由実や松本隆が参加、2018 年この世を去った西城秀樹がアルバム収録曲「CATALOG」をカバーし、今改めて注目されている。またChar の「気絶するほど悩ましい」や岩崎良美、竹内まりやなど数々のアーティストに楽曲提供をしている。
神谷信行(G.Vo.)は一般社団法人日本作編曲家協会の法律顧問、NPO法人ミュージック・ソムリエ協会の著作権セミナー講師等、音楽にコミットした弁護活動をしているほか、自身も楽曲をリリース。永年、書家として書作を発表しつつ、若者の自立支援団体・社会福祉法人青少年と共に歩む会(憩いの家)の役員を務めている。
奏子(Vo.)は、シンガーソングライターまたヴォイストレーナーとして活動し、「奏子の小部屋」と題した弾き語り動画や配信ライブをYouTube にておこなっている。梅垣、神谷と世代は違いながら、柔らかく温かな歌声でハーモニーを作り上げ、スタンダード曲を歌い継いでいる。

岩坂遼

1999 年2 月20 日生まれ 21 歳 埼玉県出身
2016 年3 月 高校2 年生の時にライブハウスでオリジナル楽曲を歌い始める
2017 年10 月 大学進学を機に音楽活動を本格化
2018 年5 月 楽曲「電柱に花束」を制作
2020 年10 月 アーティスト名を本名の「岩田遼平」から「岩坂 遼」へと改名。同月小泉今日子と浜田真理子が12 年間続けている『マイ・ラスト・ソング』番外編『マイ・ラスト・ソング・カジュアルIN シモキタザワ』に出演し、注目を集める。また、ジャズ・ピアニストの桑原あいをゲストに招き自身初の企画配信ライブ『Ad-lib & session』を計2公演実施し、成功させる。
音楽プロデューサーの佐藤剛が岩坂 遼をプロデュース。現在、一緒に楽曲制作を進めている。2020 年12 月18 日、自身初の有観客ワンマンライブをMUSICASA にて実施。

佐藤剛(司会進行)

音楽プロデューサー/ノンフィクション作家
1952 年岩手県盛岡市生まれ。仙台育ち。明治大学文学部卒業後、音楽業界誌『ミュージック・ラボ』から新興音楽出版社を経てプロデューサーとして独立。数々のアーティストや舞台に携わる。著書は『上を向いて歩こう』(岩波書店/ 小学館文庫)、『ウェルカム!ビートルズ』(リットーミュージック)ほか。現在Yamaha Music Members にて「mysound マガジン:スタンダード曲から知る日本の音楽文化史」を、またWHAT’S IN tokyo にて佐藤剛の「会った、聴いた、読んだ」のコラムを連載中。
twitter:https://twitter.com/gosan5553
facebook:http://www.facebook.com/go.sato.92


主催

一般社団法人Network of Music & Art Setagaya(せたがや音楽プロジェクト)

共催

公益財団法人せたがや文化財団 音楽事業部

後援

世田谷区


PAGE TOP