1. HOME
  2. イベント一覧
  3. Discovery Setagaya Sounds #1井上鑑 Try and Groove

イベント詳細

Discovery Setagaya Sounds #1<br />井上鑑 Try and Groove

Discovery Setagaya Sounds #1
井上鑑 Try and Groove
【未就学児入場不可】 ◆当日、無料公開リハーサル有り(申込詳細は下記)


2021年12月18日(土)16:30 開演
シアタートラム アクセスマップ
Google マップへのリンク

住所:東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー1階

[交通]
電車:田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅徒歩すぐ

喧騒の中にもゆったりとした空気が流れる、ここ世田谷。昔も今も、数多くのアーティストが暮らし、音楽に思いを巡らしている。実はどこかですれ違っていたかもしれない、この街のアーティストがあなたへ送る音楽会。この街に、ハッと驚き、この街が、もっと好きになる、新たなコンサートシリーズがいよいよスタート!

シリーズの最初を飾るのは、作編曲家、キーボード奏者、プロデューサーなど多彩な顔をもち、日本のミュージックシーンを牽引してきた音楽家、井上鑑。繊細な色使いで才知にあふれた彼の音楽世界へ、どうぞご一緒に。

※無料公開リハーサルの詳細は決まり次第アップします!

チラシ詳細はこちらから(PDFファイル)

出演者

井上鑑 プロフィール

Très joyeux ~トレ ジョワイユ~ 《金原千恵子/笠原あやの》 プロフィール

DSD trio 《山木秀夫/三沢またろう》 プロフィール


曲目

カタルーニャ民謡:鳥の歌
大瀧詠一:大瀧詠一トリビュート組曲
筒美京平:夏のクラクション
福山雅治:最愛
井上鑑:X=歩幅/Tokyo Installation   他

※公演内容が変更となることがあります


料金

一般 4,500円
せたがやアーツカード・世田谷パブリックシアター友の会 4,000円(前売のみ)
※全席指定・消費税込
※未就学児入場不可

※託児サービスあり(定員あり・要予約)
料金:2,200円・生後6か月〜9歳未満・公演の3日前の正午までに、世田谷パブリックシアター (03−5432−1526)へ

※車椅子スペースあり(定員あり・要予約)
料金:4,050円・付添者は1名まで無料
申込:公演日前日の19:00までに世田谷パブリックシアターチケットセンター(03-5432-1515)へ

※チケット発売受付は、「電話」または「オンライン」のみです。チケットセンター窓口での発売・発券はございません。
※お支払いは、「セブン-イレブン店頭」または「オンラインクレジットカード決済」となります。
※チケット発券は、「セブン-イレブン発券(手数料1枚につき110円)」のみとなります。
※「せたおんの新型コロナウイルス感染症拡大防止対策とお客様へのお願い」をご了承の上、ご来場ください。

発売開始日

2021年10月20日(水)10:00


【無料公開リハーサル】
音楽を学ぶ若い世代を対象に、当日のリハーサルの様子を公開します。本番に向けた音楽づくりを、目前で体験しませんか?

日程

12月18日(土)(午後、1時間程度)

対象

中学生〜25歳(当日、要証明書提示)

※2021年12月18日時点での年齢

申込受付期間

10月20日(水)10:00〜11月6日(土)

申込方法

オンライン申込みを予定しています。
申込先は後日アップします。

※定員50名程度
※座席指定不可


プロフィール

井上鑑(キーボード奏者/アレンジャー/プロデューサー)

東京生まれ。桐朋学園大作曲科在学中(三善晃氏に師事)より作編曲家として音楽活動を開始、「Prophetic Dream」でデビュー以降14枚のアルバムを発表。寺尾聰「ルビーの指環」で日本レコード大賞編曲賞受賞。大瀧詠一、福山雅治、佐野元春、吉田兄弟他多数のヒット作、話題作に参加。先鋭な感覚と確かな書法で多彩な表現を展開している。Peter Gabriel周辺のイギリス人アーティストと深く交流、コラボしており最近作はTchad Blakeがエンジニアとして参画している。
▼公式ホームページ

Très joyeux ~トレ ジョワイユ~

数々のトップ音楽シーンで演奏してきた二人が、カルテットでもないソロでもない「2つの弦の音を純粋に楽しみ、楽しんでいただきたい」をコンセプトに、ジャンルを超えた音楽を奏でる。2018年結成。同年5月に初Liveを行ってから、様々な分野のミュージシャンとのコラボLiveも精力的に展開している。
「Très joyeux」トレ ジョワイユとは、仏語で とても楽しい!とてもシアワセ!という意味合いの言葉。
2020/2/27初のミニアルバム発売。
▼公式ホームページ

 《金原千恵子》(ヴァイオリン)
サザンオールスターズ・小田和正・桑田佳祐・福山雅治・エレファントカシマシetc.、様々なアーティストからの信頼が厚く、ライヴサポート及びレコーディングなど金原千恵子ストリングスリーダーとして数多くのアーティストのサウンドを担う。また、2001年ソロアーティストとしてデビュー以来、国内外での評価も高く、なかでも「STRINGS OF LIFE」は世界大手ダンス配信サイトTraxsourceでアルバム・チャート世界総合チャート1位を獲得。ジャンルを超えたヴァイオリニストとして活躍中。

 《笠原あやの》(チェロ)
1993年、蓼科音楽祭奨励賞受賞、94年、奨学金を得て草津国際音楽アカデミーに参加。 1994年には、国際交流基金主催「Asian Fantasy Orchestra」アジアツアーに参加している。佐野元春.佐藤竹善.エレファントカシマシ.元ちとせ.坂本真綾等のステージサポートの他、スタジオセッション等、幅広い分野で活躍中。

DSD trio

井上鑑&山木秀夫&三沢またろう、“精緻で野蛮なリズムキング”ふたりと”ハーモニーのパティシェ”によるスーパー・ミュージシャン・チーム “DSD trio”。ユニット名はDSD(Direct Stream Digital )による高音質(ハイレゾ)音楽フォーマットの頭文字とドラム+シンセ+ドラムという希有な編成の両方を表しています。
リズムとハーモニーの限りない自由度の高さが生み出すサウンドは、バルトークからテクノ、ボサノバからジャズファンク、CSNYからRadioheadを経て、はたまた謎めくバリ島旅行団から緑あふれるケルト紀行まで。

 《山木秀夫》(ドラムス)
熊本生まれ。沖縄での修行後、市川秀夫トリオに入団して上京。清水靖晃、笹路正徳らと「マライヤ」結成。名ドラマーとしての揺るぎない評価に加えアーティスト活動も国際的かつ多彩。渡辺香津美バンドを始めビル・ブラッフォード、アート・リンゼイ、ジョン・ゾーンらと共演。井上陽水、福山雅治、B’Z、等のビッグネームからのファーストコールプレーヤーであり、最近は教育者としての魅力を開花させ、若手ドラマー達のカリスマとなっている。
▼公式ホームページ

 《三沢またろう》(パーカッション)
苫小牧生まれ。東京音楽大学打楽器科卒。在学中から「Sugar」「高橋真梨子バンド」等で活動を開始し「米米CLUB」メンバーとなる。スタジオワークの第一線で多忙を極め桑田佳祐、福山雅治、中島美嘉などの録音・ツアーに参加。デイヴ・グルーシン、ドゥービーブラザーズ、クインシー・ジョーンズとのライブなど、国際的にも活躍している。ラテンからポップス、現代音楽から古典落語までを網羅する才人であり、洗足学園等で後進の指導も続けている。その一方、CSNYをこよなく愛しAcoustic Guitarへの愛は限りなく深く純粋である。
▼公式ホームページ


主催

公益財団法人せたがや文化財団 音楽事業部

後援

世田谷区
世田谷区教育委員会

協力

(株)世田谷サービス公社 エフエム世田谷
松本記念音楽迎賓館
(有)太子堂楽器店

PAGE TOP