1. HOME
  2. イベント一覧
  3. 異分野とのコラボレーション お話と音楽でつづる気象と音楽

イベント詳細

異分野とのコラボレーション <br /><small>お話と音楽でつづる</small><br />気象と音楽

異分野とのコラボレーション
お話と音楽でつづる
気象と音楽
【未就学児入場不可】 会場・開演時間・座席種・発売開始日が変更となりました


2023年3月18日(土)16:00開演
アレーナホール アクセスマップ
Google マップへのリンク

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3丁目17-1 髙島屋 S•C 西館1F

せたおん音楽監督、池辺晋一郎による企画シリーズ。

今回のテーマは、「気象と音楽」。気象予報士の佐々木恭子氏が、美しい空との出会い方から、人類の最大の課題、温暖化対策を楽しく実行できる方法まで、お話くださいます! 実力派ぞろいの演奏家の音楽とともに楽しいひとときを。

チラシ詳細はこちらから(PDFファイル)

出演

佐々木恭子(気象予報士) プロフィール

池辺晋一郎(お話/作曲家) プロフィール

小林沙羅(ソプラノ) プロフィール

河野紘子(ピアノ) プロフィール

尾池亜美(ヴァイオリン) プロフィール

中野翔太(ピアノ) プロフィール


曲目

【piano solo】
ドビュッシー:『版画』より「雨の庭」/『子供の領分』より「雪は踊る」
武満徹:雨の樹 素描
リスト:『超絶技巧練習曲集』より「雪あらし」
プロコフィエフ:『子供の音楽』より「雨と虹」

【violin and piano】
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調「雨の歌」

【soprano and piano】
平井康三郎:「しぐれに寄する抒情」
池辺晋一郎:「風の子守歌」/「雨のあしおと」
モーツァルト:「春へのあこがれ」
シューマン:『詩人の恋』より「美しき五月に」
プッチーニ:オペラ《蝶々夫人》より「ある晴れた日に」   他


料金

入場整理番号付き自由席 一般 4,000円
せたがやアーツカード・世田谷パブリックシアター友の会 3,600円(前売のみ)
※消費税込
※未就学児入場不可
※車椅子スペースあり(定員あり・要予約)
 料金:3,600円・付添者は1名まで無料
 申込:公演日前日の19:00までに世田谷パブリックシアターチケットセンター(03-5432-1515)へ

※チケット発売受付は、「電話」または「オンライン」です。チケットセンター窓口での発売・発券はございません。
※お支払いは、「セブン-イレブン店頭」または「オンラインクレジットカード決済」となります。
※チケット発券は、「セブン-イレブン発券(手数料1枚につき110円)」となります。

※「せたおんの新型コロナウイルス感染症拡大防止対策とお客様へのお願い」をご了承の上、ご来場ください。

発売開始日

2023年1月26日(木)10:00


プロフィール

佐々木恭子(気象予報士)

気象予報士。合同会社『てんコロ.』代表。
早稲田大学第一文学部卒業後、テレビ番組制作会社入社。バラエティー番組のディレクターを経て、2007年に気象予報士の資格を取得し、民間気象会社で自治体防災向けや高速道路・国道向けの予報業務などを担当。現在は予報業務に加えて、気象予報士資格取得スクールや気象予報士向けスキルアップ講座などを主催・講師を務める。
著書に『天気でわかる四季のくらし』(新日本出版社)、『世界気象カレンダー』(日本プロセス秀英堂)など、監修に『奇跡の瞬間!空の絶景100選』(宝島社)、『NHK学ぼうBOSAI 命を守る防災の知恵 噴火・台風・竜巻・落雷 どう備えるか』(金の星社)などがある。

▼公式YouTube
▼公式Twitter
▼TeamSABOTEN
▼てんコロ.の気象予報士講座

池辺晋一郎(お話/作曲家)

作曲家。日本音楽コンクール、尾高賞などの受賞の他、映画、テレビ等の附帯音楽分野での受賞も多数。04年紫綬褒章、18年文化功労者、22年旭日中綬章。主要作品は交響曲No.1~10、オペラ「死神」「高野聖」他。演劇音楽は約500本を担当した。現在、東京音楽大学名誉教授、東京オペラシティ・ミュージックディレクター、石川県立音楽堂洋楽監督をつとめる。09年3月まで13年間NHK-TV「N響アワー」出演。15年4月よりNHK-FM「N響 ザ・レジェンド」の解説を担当。

小林沙羅(ソプラノ)

東京藝術大学及び同大学院修了。2010~15年ウィーンとローマにて研鑚を積む。2012年ブルガリア国立歌劇場『ジャンニ・スキッキ』で欧州デビュー。また多くの新作オペラ初演を務める他、2015年及び2020年野田秀樹演出『フィガロの結婚』、2017年藤原歌劇団『カルメン』、2019年全国共同制作オペラ『ドン・ジョバンニ』、同2021年『夕鶴』等話題作に続々出演。2021年12月には姫路市文化コンベンションセンター『千姫』でも主役を務めた。
2014年、2016年に続き2019年サードアルバム「日本の詩(うた)」をリリース。
最近では自身のYouTubeチャンネルにて配信を行うなど、新しい取り組みも始めている。2017年第27回出光音楽賞、2019年第20回ホテルオークラ賞受賞。
日本声楽アカデミー会員。藤原歌劇団団員。大阪芸術大学准教授。
2021年池辺晋一郎のオペラ『千姫』で千姫役を務めた。
▼公式ホームページ

河野紘子(ピアノ)

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て同大学研究科を修了。これまでに「東京・春・音楽祭」、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」、水戸芸術館主催「池辺晋一郎の肖像」などに出演。水戸芸術館での演奏は池辺晋一郎 室内楽作品集Ⅲに収録されている。テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」などメディアでの露出も多数。桐朋学園大学声楽科嘱託演奏員、現在は二期会研修所ピアニスト、NHKカルチャーセンター青山教室講師を務める。声楽、器楽などでのアンサンブルに定評があり、ソプラノ歌手小林沙羅氏のアルバムをはじめ録音にも多数参加し、共演者から信頼を寄せられている。また、フジテレビで放映されたドラマ「のだめカンタービレ」の主人公(上野樹里)の手・音の吹き替え、現場での指導を担当するなど、多方面へ活動の幅を広げている。

尾池亜美(ヴァイオリン)

東京藝術大学卒業。ローザンヌ高等音楽院修士課程修了。RNCMマンチェスター国際ヴァイオリンコンクール優勝、カール・フレッシュ国際コンクール第2位他、受賞歴多数。欧州や中国等でリサイタルを開催、国内外のオーケストラやアンサンブルと共演。2020年度より東京藝術大学講師。

中野翔太(ピアノ)

江戸弘子に師事し、1999年からジュリアード音楽院プレ・カレッジ、音楽院に進み、2009年に同大学院を卒業。1996年第50回全日本学生音楽コンクール小学生の部で全国1位および野村賞受賞。これまでにシャルル・デュトワ、小林研一郎、小澤征爾、ウラディーミル・アシュケナージなどと共演。豊かな表現力と透明感のある響きで好評を得ている。第15回出光音楽賞受賞。2021年、2023年浜松国際ピアノアカデミー講師。クラシックを基盤に、作曲、編曲、ジャズ演奏など音楽活動の幅を広げている。


音楽監督

池辺晋一郎

主催

公益財団法人せたがや文化財団 音楽事業部

後援

世田谷区
世田谷区教育委員会

協力

松本記念音楽迎賓館
(株)世田谷サービス公社 エフエム世田谷
(有)太子堂楽器店

PAGE TOP